受験医学&脳機能ワンポイントアドバイス!(その2)

「受験生母親塾」、「受験ストレス対策講座」、「受験脳機能セミナー」などで吉田院長がお伝えした内容をダイジェスト版でご紹介します。

お示ししている内容は、あくまでも標準的な一般の受験生を想定したアドバイスです。

「受験うつ」、「受験パニック」、「双極性障害」、「発達障害」などの場合は、そのまま実践するのが望ましくないケースも少なくありません。

受験生の症状に合わせて、オーダーメイドの適切な受験術をカウンセリングを通してご指導いたします。



涙と一緒にストレスホルモンを捨てろ!

試験で失敗したら、涙を流して思いっきり泣こう!

涙と一緒にストレスホルモンが体外へ出ていくので次の試験は頑張れる! 

休み時間はヘッドホン!

試験の間の休み時間は、ヘッドホンで音楽を聞き続けよう!

周囲の受験生の無責任な答え合わせに気を取られてはいけない!


大股で歩けば脳機能向上!

試験上へ向かうときは、ダラダラ歩くのではなく、大股で足を振り上げて歩こう!

循環する血液量が増え、脳機能が向上!

試験の朝はベッドでグーパー!

試験当日の朝、ベッドの上で、手のひら・足のひらを、グーパーグーパーさせよう!

寝起きが良くなり、得点アップ!

無理してでも作り笑顔!

試験問題を解くのに苦戦したら、無理してでも作り笑顔を浮かべよう!

デュシェンヌ・スマイルの効果で脳機能が改善!

休み時間にガムを噛もう!

集中力が途切れたら、休み時間にガムを噛もう!

脳内でヒスタミンが増えるため、脳機能が回復して合格できる!

試験前夜、これで眠れる!

試験当日の朝、ベッドの上で、手のひら・足のひらを、グーパーグーパーさせよう!

寝起きが良くなり、得点アップ!



空を見上げよう!

試験会場に向かう途中、頻繁に空を見上げよう!

光感受性網膜神経節細胞が刺激を受け、得点力がアップする!