「東大E判定症候群」は非定型うつ病


【このページの要点!】

①東大を受験し続けて14年という受験生を診察したら、本当の原因は非定型うつ病だった。

 

②模擬テストでE判定しか取れないのに、超一流大学しか眼中にないという「東大E判定症候群」が急増している。

 

③自分は努力しなくても成功する特別な人間なのだという空虚なプライドで、脳ががんじがらめになっている。

 

④受験に特化した光トポグラフィー検査を行うと、「東大E判定症候群」の脳には一種独特の波形が現れる。

 

⑤地頭は良い場合が多く、適切な治療を行えば、成績は急上昇しやすい。

 

 

 


東大を受験し続けて14年・・・!


東大を受験し続けて14年・・・。

つまり、浪人生活14年目・・・。

 

私のクリニックには、そんな受験生がご来院されたことがあります。

 

もちろん、年齢はもう30代です。

 

 

この方は、極端な例ですが、模擬テストを受けたら、合格できる可能性が20%以下のE判定ばかり。

 

なのに、東大や京大など、難関大以外は眼中にないという受験生が、最近、特に増加しています。

 

 

問題なのは、その中に、かなりの割合で「非定型うつ病」を発病している人がいるということです。

 

私はこのようなケースを「東大E判定症候群」と名付け、警鐘を鳴らしています。

 

受験生の方、あるいはご家族で思い当たる人は、必ず、このページの記事を、最後までお読みください。

 

 

 

 

 

 


「東大E判定症候群」とは?


 

誤解してほしくないのですが、E判定の大学を目指すことが、良くないと言っているのではありません。

 

むしろ私のクリニックでは、高い目標であるE判定の大学を積極的に目指すよう指導しており、実際、毎年、多くの受験生を合格に導いています。

 

A判定の大学に合格するのは当たり前で、偏差値の高いE判定の大学に合格させることこそが、受験を専門とする心療内科医としての私のプライドです。

 

 

しかし、そのためには、専門の検査を受けて脳機能の問題点を探り、さらに、日々の勉強法を脳機能のタイプに合わせたやり方に変えていただくといった努力が必要です。

 

ところが、「東大E判定症候群」の方は、そんな努力は、一切、しようとしないのです。

 

 

 

 


実態のない空虚なプライドが空回り!


では、どうして努力はしないのに、東大や京大など一流大学しか受験しようとしないのでしょうか。

 

その答えは明確です。

 

カウンセリングを行うと、実態のない空虚なプライドが空回りしている心理が浮き彫りになります。

 

 

自分は、東大に受かって当然の人間だ・・・。

 

しかも、努力をしなくても成功する特権を持っている人間なんだ・・・。

 

このようなことをハッキリ口にする受験生は一人もいませんが、メンタル医学の観点から発言を分析すると、心の奥底で、こうした思い込みがうごめいているのです。

 

 

 

 


不安と不満が爆発し、暴言と暴力へ!


といっても、「東大E判定症候群」は、楽天的な、ただの脳天気な受験生というわけではありません。

 

このままでは合格で切っこないという現実は、きちんと理解できているのです。

 

 

合格して当然のはずなのに、現実には合格できない・・・。

 

このギャップに苦しみ、不満をつのらせ、不安もつのらせ、イライラし、親にあたるというのが、ほとんどのケースです。

 

 

実際、幼い頃は優しい性格だったのに、受験が近づくと荒れてきて、親に暴言を吐いたり、家庭で暴れたりするケースは、「東大E判定症候群」の可能性が少なくありません。

 

 

 

 


背後に潜む非定型うつ病


「東大E判定症候群」の受験生に対し、多くの親御様は、ワガママな性格に育てたせいだと考えていますが、私は、それは間違いだと断言します。

 

確かに、ワガママだという側面があるのは確かですが、それ以上に問題の根幹をなすのは、背後に「非定型うつ病」が隠れているということです。

 

 

受験生なら、自分の成績以上の大学に合格したいと思うのは、当然のことです。

 

また、努力しないで合格できるなら、そうなってほしいと思うのも、当然のことです。

 

ただ、脳の扁桃体や前頭前野が正常に機能していれば、そうした欲望に自然に歯止めがかかります。

 

 

ところが、「東大E判定症候群」の受験生は、こうした扁桃体や前頭前野の機能がうまく働いていないのです。

 

その根本的な原因が、非定型うつ病です。

 

 

 


光トポグラフィー検査で特有の波形に!


実は、「東大E判定症候群」の受験生の脳機能を、受験に特化した光トポグラフィー検査で調べると、一種独特の波形になることが多いのです。

 

昔、躁うつ病と言われていた病気は、現在は、「双極性障害」と呼ばれています。

 

「東大E判定症候群」の受験生の脳は、大きく分類すると「双極性障害」に近いカテゴリーに入るのですが、典型的な「双極性障害」とは明らかに異なるいくつかの特徴が、検査データの波形から見て取れます。

 

そのため、こうした症状の受験生には、受験に特化した光トポグラフィー検査をお受けいただくよう、強くおすすめしています。

 

 

 

受験に特化したトポグラフィー検査の解説 ⇒ クリック!

 


双極性障害の薬が効かない!


 

また、問診すると、双極性障害に近い所見もあり、他院で「双極性障害Ⅱ型」という診断名を告げれているケースも少なくありません。

 

そもそも、「双極性障害Ⅱ型」は診断基準があいまいなので、はっきり違うと断言すること自体、不可能なのですが、私は、異なるものとして治療しています。

 

なぜなら、一般的な双極性障害の治療薬がちっとも効かず、それで心療内科を渡り歩き、最後に私のクリニックに起こしくださるといったケースがお多いからです。

 

 

 

「東大E判定症候群」の受験生は、磁気刺激治療で一気に回復しやすいのも特徴です。

 

このタイプの受験生は、もともと認知機能が高い場合が多く、脳機能の問題点を解決すれば、成績が急回復するのは、ある意味、必然の現象ともいえます。

 

まずは、受験に特化した光トポグラフィー検査をお受けになることをおすすめします。

 

 

受験に特化したトポグラフィー検査の解説 ⇒ クリック!