「入試直前“特急”コースの概要」

①受験に特化した最新の磁気刺激治療とCBT治療で脳機能を改善し、志望校への合格を実現!

②うつ症状の根本的な治療は、入試が終わった後、じっくりと腰を落ち着けて行う!

③最短で1週間から2週間で効果が現れる!

④あきらめて浪人すると症状はさらに悪化しやすい!

⑤「合格こそが最良の治療薬となる!」(吉田たかよし院長のモットー)


「入試直前“特急”コース」とは?


「入試直前“特急”コース」とは、最短、1週間から2週間で「受験うつ」の症状を回復させ、さらに脳機能のパワーアップを図ることにより、志望校への合格をつかみ取るコースです。

 

「受験うつ」を短期間に治すことなんてできないから、合格は無理だ…と、あなたは悲観していませんか?

当院は日本で初めて、受験生の脳機能を専門に診療する心療内科クリニックとして、声を大にして訴えたいと思います。

決して、受験をあきらめてはいけません!

 

 

 【入試直前“特急”コース】

①受験に特化した最新の磁気刺激治療で脳の働きを改善!

②脳の認知機能に基づくCBT治療のカウンセリングで入試の得点力アップ!

 

この2つを組み合わせることで、たった2週間でも、志望校への合格が実現できるケースが少なくないのです。

当院の実績は、このことを雄弁に語っています。

 

 

言うまでもなく、治療の開始は一日でも早いほうが効果が大きく、これは入試に合格するためにも大切なことです。

 

ただし、残念ながら、「受験うつ」であることに気づくのが遅れてしまうというご家族が少なくないのが現実なのです。

そんな場合、治療をあきらめ、受験を投げ出して浪人生活が長引くと、そのストレスから、さらに症状が悪化してしまいます。

まずは、最善を尽くして合格させてあげることが、「受験うつ」そのものの治療にも役立つのです。

 

もちろん、「入試に合格さえすればそれでいい…」というわけではありません。

うつ症状からの根本的な回復が、お子さんの将来に不可欠だというのは当然のことです。

でも、それは受験が終わった後に取り組むべきだというのが、当院の方針です。

 

そこで入試が終わった後、今度はじっくりと腰を落ち着けて治療を行い、さらなる回復を図っていただいています。

また、大学に入学後に、キャンパスライフを利用した生活療法やCBT治療についても指導します。

 

 

第1ステップ⇒入試の前に、まずは“特急”で治療し、とりあえず志望校への合格を勝ち取っておく…。

第2ステップ⇒入試が終わった後に、じっくりと腰を落ち着けて治療を行い、根本的な回復を図る…。

 

こうした2段階のアプローチで受験生の未来を切り開くのが、「入試直前“特急”コース」なのです。

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


スケジュール(入試直前“特急”コース)


大晦日・元日にも、治療が可能です

受験には、年末年始の休みはありません!


 

 「入試直前“特急”コース」のスケジュール(一例)

 

 

・【1日目】 早ければお申込みの翌日に、光トポグラフィー検査(提携クリニック)

     ご希望があれば、そのまま1回目の磁気刺激治療も可(提携クリニック)

 

・【2日目】 初診カウンセリング(吉田たかよし院長)

     磁気刺激治療(提携クリニック)

 

・【3日目以降】

     磁気刺激治療(提携クリニック)

     回復した脳機能に合わせた受験戦術の指導(吉田たかよし院長)

 

・【受験】 入学試験(センター試験・私大入試など)

 

・【入試終了後】 フォローアップの磁気刺激治療とカウンセリング

 

 

以上のように、「入試直前“特急”コース」は通常の「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」を、入試までに集中して受けていただくものです。

治療の中身については、早期合格コースの説明をご参照ください。

 

 

「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」のご説明 ⇒ クリック!

 

 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


「入試直前“特急”コース」が役立つ理由


 

うつ病の治療の基本は、あせらずに、ゆっくり時間をかけて行うというのが、医学の基本です。

これは、一般論としては、まったく間違いではありません。

しかし、受験に失敗して浪人を繰り返すと、お子様の将来に大きなダメージが加わるというのも現実です。

 

従来、日本におけるうつ病の治療は、抗うつ薬に過剰に依存してきました。

抗うつ薬を安全に使うためには、まず、少量から始め、副作用の有無を検討しながら、徐々に容量を増やすしかありません。

また、たくさんある抗うつ薬の中で、どの薬なら効くのかは、実際のところ、一つひとつ試さないとわからないのが実情です。

これが、回復までに長い年月を要した最大の原因です。

 

こうしたうつ病治療の問題点を根底から覆したのが、磁気刺激治療です。

抗うつ薬と比べ、格段に早期から治療の効果が現れるため、米国では画期的な新たな治療法として急激に広がっています。

 

さらに当院では、入試の得点力のアップを実現するために、最新の磁気刺激療法の技術を取り入れています。

通常のクリニックで行われている磁気刺激療法は、うつ症状を回復させることが目的です。

当院では、それに加え、試験の解答に必要となる脳の認知機能を検査によって特定し、それに合致した磁気刺激療法を図っています。

入試の直前期に開始しても志望校への合格に直結するのは、このためなのです。

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


吉田たかよし院長からのメッセージ


 

「受験うつ」は、ご本人もご家族もとても辛く、どうしても受験を投げ出したい気持ちになってしまうものです。

 

でも、ちょっと待ってください。

受験に特化した最新の磁気刺激治療と、受験の脳科学に基づくカウンセリングを組み合わせることで、合格を勝ち取れるケースが、決して少なくないのです。

 

今こそ、ほんの少し勇気を出して、「受験うつ」という暗闇から抜け出し、光り輝く未来を取り戻すための第一歩を踏み出しましょう。

「入試直前“特急”コース」は、そんなあなたをお待ちしています。

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


ご案内メールの請求と受診のお申し込み


ご案内メールの請求と受診のお申し込みは、通常の「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」と同様です。

以下から、ご請求ください。


メモ: * は入力必須項目です

請求して2日が経過してもご案内メールが届かない場合は、恐縮ですが、下記のアドレスまでお知らせください。

info@akamon-clinic.com

【本郷赤門前クリニック お問い合わせ窓口】

(携帯電話の方は、パソコンからのメールを受信できる設定に切り替えておいてください。)

 

 

【ご注意】

パソコンのアドレスをご指定いただいたほうが、弊院からのメールが確実に届きます。

docomo  ezweb softbank

以上のスマホのアドレスをご指定になり、弊院からの返信が届かない場合は、お使いのスマホが、パソコンから送ったデータ容量の大きなメールが届く設定になっていることを、必ずお確かめください。

携帯電話会社かショップにご相談いただくと、設定は簡単に変えられます。

 

 【2018年】 本郷赤門前クリニックの実績  🌸東京大学、理科Ⅰ類(2人)、理科Ⅱ類、文科Ⅰ類、文科Ⅲ類、合格!!🌸京都大学、理学部、工学部、合格!🌸🌸🌸 🌸早稲田大学、基幹理工学部、商学部、合格!🌸🌸🌸 🌸慶応大学、理工学部、総合政策学部、合格!🌸🌸🌸 🌸医学部、東京都内、近畿地方など多数、合格!🌸🌸🌸 その他、歯学部、薬学部、マーチ、日東駒専、短大に多数、合格!