【螢雪時代】記憶力アップ③

板書の丸写しをやめ、要点を書けば記憶力倍増!


【このページの要点!】

  1. 板書の丸写しは、脳から記憶力を奪い取る危険な行為!

  2. 思考の伴わない記憶は、2週間以内に脳から消え去る!

  3. 授業の内容を要約してノートに取れば、長期記憶に変換される!

  4. 初心者は、板書の中で大事な言葉だけ、抜き書きすればいい!

  5. その場で記憶する「現行犯逮捕の暗記」が合格をもたらす!


旺文社「螢雪時代」で、巻頭の6ページにわたって、「吉田式・受験に勝つ”記憶力&思考力”強化塾」という特集記事を掲載していただきました。

 

多くのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。

個別にお返事を出すのは困難で、申し訳ありません。

こちらでまとめて解説させていただきます!

 

弊院では、院長が、受験生お一人お一人の脳機能に合致した勉強法の指導を行っています。

ご検討ください。 ⇒ 『早期合格コース』


板書の丸写しは、脳から記憶力を奪い取る危険な行為!


先生は、黒板に向かってひたすら板書し、生徒はそれをひたすらノートに写す・・・。

これが日本の、昔からある一般的な授業のスタイルです。

 

私は、脳機能を扱う医者として、警告したいと思います。

こうした勉強のスタイルで、努力をすればするほど、脳は記憶力を低下させてしまうのです。

 

  


思考の伴わない記憶は、2週間以内に脳から消え去る!


確かに 、板書の丸写しをしただけでも、 その場では少しは覚えた気になります。

しかし、それは短期記憶に過ぎません。

長期記憶に変換しない限り、そのままでは、2週間以内に記憶は脳から消え去ってしまいます。

 

板書の丸写しが怖いのは 、長期記憶に極めて変換されにくいということです。

最大の原因は、写している最中に、思考力をほとんど使わないということです。

思考力が伴っていない 短期記憶は、ほとんど 長期記憶に変換されないという研究が発表されています。

 

そんな愚かな行為は、ただちにやめましょう。

 

 


授業の内容を要約してノートに取れば、長期記憶に変換される!


最も長期記憶に変換されやすいのは、授業中に、その内容を自分のアタマで考え、要約をノートに書くことです。

この場合は、思考力を使って内容を理解しなければなりません。

 

思考力を伴いながら暗記するため、脳内で「精緻化リハーサル」と呼ばれる働きが行われ ます。

これによって、一生にわたって忘れることがないと言われる「長期記憶」に最も変換されやすいのです。

 

つまり、授業内容を自分で要約してノートに書くというのは、究極の記憶法だといえます。

 

 


初心者は、板書の中で大事な言葉だけ、抜き書きすればいい!


ただし、クリニックで多くの受験生に指導した経験を踏まえていうと、いきなり授業中に受験生が自分の力だけで要約を行うというのは極めて難しいことです。

慣れるまでは、もっと簡単な方法をおすすめしたいます。

それは、板書の中で、自分が大事だと思っていることだけ抜き出して書くということです 。

 

耳で聞いた情報の中で、重要な情報を要約するのは、極めて高度なことで、難しいのは当然です。

しかし、板書の中で、大事なことだけを抜き書きするのは、はるかに簡単です

 

これなら、誰でも簡単にできますが、どこを抜書きするのか、思考力を使っています。

だから、板書全体の丸写しより、はるかに精緻化リハーサルになっているわけです。

もちろん、長期記憶に変換される割合がアップしてくれます。

 

 


その場で記憶する「現行犯逮捕の暗記」が合格をもたらす!


もちろん抜き書きだと、 板書全体を書き写すよりも書く量が少なくて済むので、時間があまります。

その時間こそ、暗記のチャンス!

あまった時間を利用して、しっかりと記憶にとどめるように努力をするのです。

 

警察では、犯人を捕まえるには現行犯が一番だと言います。

記憶も同じです。

習ったその場で覚えてしまう。

つまり、「現行犯逮捕の暗記」をして、確実に記憶に留めましょう!!