『テストの花道(NHK)』

「合格」と紙に書いて貼ったら落ちる!


【このページの要点】

・「合格」と紙に書いて部屋に貼るのは、受験で失敗する危険な行為!

・「合格」の標語がプレッシャーを増幅させ、受験ストレスで自滅する!

・心に余裕があるときだけ、「合格」の標語を掲げよう!

・「粘り強くチャレンジ!」が脳機能を高める黄金の標語!


《吉田たかよし、NHKの『テストの花道』でも、全力解説!》

NHKの『テストの花道』という番組で、勉強の効果を上げる脳科学についてお話させていただきました。

番組をご覧になった方から、本郷赤門前クリニックにお問い合わせを多数いただきました。

ありがとうございます。

テレビで話した内容について、こちらのページで、さらに詳しく解説します!

 


「合格」と紙に書いて部屋に貼るのは、受験で失敗する危険な行為!


 「東大合格!」

「医学部合格!」

「灘中合格!」・・・

 

多くの受験生が、紙に「合格」という目標を書いて、勉強部屋などに貼っています。

塾の先生や勉強法の本などでも、そうするように指導しているケースが少なくありません。

 

でも、ちょっと待ってください。

受験生の脳機能を専門に扱う心療内科医として、私は警鐘を鳴らしたいと思います。

こうした標語によって、受験に失敗している人がものすごく多いという現実を、診療の現場で、日々、目のあたりにしているのです。

 

 

 


「合格」の標語がプレッシャーを増幅させ、受験ストレスで自滅する!


 「合格」と書かれた標語が、繰り返し視野に入ると、脳は深層心理のレベルで、なんとしても合格しないといけないと認識します。

 

しかし、現実には、第一志望の入試に確実に合格すると確信を持てる受験生は、ごく少数です。

模擬テストの結果は、「受かるかもしれないが、落ちるかもしれない」、あるいは「落ちる可能性のほうが高そうだ」といった判定が、むしろ多数派でしょう。

 

このように、厳しい現実の中で、目の前の標語だけが「合格」という脳天気なメッセージを脳に送り続けると、受験ストレスを増幅させてしまいます。

これによって勉強の効率は低下し、最悪の場合、「受験うつ」を招いて、成績が急降下してしまうことさえあるのです。

 

 

 


心に余裕があるときだけ、「合格」の標語を掲げよう!


 といっても、「合格」という標語が、いつもダメだというわけではありません。

プレッシャーは、過剰に脳に与えられると効率の良い勉強ができなくなりますが、勉強を怠けないためには、ある程度は必要なものです。

ですから、心に余裕がある場合は、「合格」という標語が、プラスに作用します。

 

とくに、入試まで長い月日がある4月や5月の段階では、多くの受験生が、プレッシャーが過剰ではなく、緩みすぎている場合が多いようです。

このようなケースでは、「合格」という標語を視野に入れたほうが、勉強の持続力は増します。

 

でも、そんな心理状態がいつまでも続くわけではありません。

入試が近づいてくると、どこかの時点で、プレッシャーが過剰になります。

その前に、「合格」をはじめ、自分にプレッシャーをかけるような標語は、すべて撤去しましょう!

 

見極めのポイントは、簡単!

「合格」という標語を見て、楽しく前向きな気分だったら、貼っておく!

プレッシャーで暗い気分になったら、すぐに剥がす!

これで完璧です!

 

 

 


「粘り強くチャレンジ!」が脳機能を高める黄金の標語!


 では、プレッシャーが高まりすぎたときに、標語は何かいいのでしょうか?

 

大雑把に言えば、「粘り強くチャレンジ!」といった内容が一般論として良い場合が多いという研究結果が、スタンフォード大学などの研究で解明されています。

ただし、本当のことを言うと、お一人お一人の心や脳の状態に合致した標語にすべきです。

 

私のクリニックでは、受験生のカウンセリングを通して心理状態を分析し、さらに専門の検査を行って脳機能を測定しています。

そのデータを分析すると、合格できる最適な標語が浮かび上がってくるのです。

 

標語が決まると、ご自分でそれを紙に書き、自宅の勉強部屋に貼っていただいています。

さらに、毎朝、3分間、声に出して唱える心理トレーニングを行ってもらっているのです。

 

たったこれだけのことでも、脳への磁気刺激という最先端の医療技術と組み合わせると、試験の得点の大幅アップにつながるのです。

・脳⇒磁気刺激

・心⇒心理トレーニング

この組み合わせが、合格への最短距離です。

実際、私のクリニックでは、「受験うつ」の方はもちろん、受験ストレスで模擬テストの成績が悪化した人も、志望校への合格が実現できています。

 

ぜひ、こちらの専門のコースについて、お気軽にお問い合わせください!!

   ⇒ 早期合格コース(磁気刺激)