「受験うつ」動画解説!


当院で専門に扱っている「受験うつ」や磁気刺激治療について、ご理解を深めていただくために、受験生やご家族の方からいただいた質問に対し、院長(吉田たかよし)が動画で回答する取り組みを始めました。


第1回「見逃される受験うつ」



見逃される受験うつ
小児うつ病の有病率 小学生:0.5%~2.5% 中学生・高校生       2.0%~8.0%

子どもの  うつ病は  大人と違う!
子どものうつ病の特徴 怒ってわめく! イライラする! 暴力をふるう!

小児うつ病
磁気刺激治療 TMS


🌸🌸🌸 2016年の入試でも、うつ症状を乗り越え、難関大学など志望校への多数合格! 🌸🌸🌸

 

東京大学、理科Ⅰ類、🌸合格🌸(3人)

東京大学、理科Ⅱ類、🌸合格🌸

東京大学、文科Ⅲ類、🌸合格🌸

京都大学、理学部、🌸合格🌸

医学部(近畿地方の公立大)🌸合格🌸

医学部(東京都の私立大)🌸合格🌸(6人)

医学部(神奈川県の私立大)🌸合格🌸(4人)

その他、医学部、薬学部、早慶上智、マーチ、日東駒専、短大に合格多数…。🌸🌸🌸

 

受験のイライラや不安、落ち込み、不眠、過眠・・・。

放置してはいけません。

精神論に頼ってもいけません。

医学の力で合格を勝ち取りましょう!


磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース

米国で大きな実績を残している磁気刺激治療とカウンセリングを併用。

最短1ヶ月で抑うつ症状を緩和させ、早期合格を目指す特別コースです。

磁気刺激治療 + カウンセリング = 志望校に合格!

⇒ 磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース

磁気刺激治療とは、頭の外から脳に磁気のパルスを当て、うつ病を治療する先進医療です。

早期に治療効果が現れるのが特徴で、さらに問題を解くのに必要な脳の認知機能の改善が顕著に現れることが多く、浪人を避けたい受験生に特におすすめしています。

米国では高い治療実績があがっており、画期的な最新治療として注目されています。

 

当院では、磁気刺激治療を専門に行う提携クリニックと連携し、早期の合格を目指すコースを設けました。

うつ病を磁気刺激で治療するとともに、その効果を最大限に引き出して合格に結びつけるよう、脳の認知機能の状態に合わせた最適な勉強法や生活管理の方法をご指導します。

 

磁気刺激治療はすぐに効果が現れることが多く、それに合わせて参考書や問題集の使い方を変えれば、志望校への合格が一気に近づきます。

 

特に多様な脳機能の中でも、受験の合否に甚大な影響を及ぼすワーキングメモリ(作業記憶:脳が記憶を意識に保ちながら情報を処理する能力)は、とりわけ磁気刺激によって回復しやすく、場合によっては発症前より改善することもあります。

弊院院長の早期合格コースは、こうした脳機能の変化に着目し、志望校の入試問題を分析した上で、最適な解答戦略を立案しています。

 

残念ながら、現在の日本のうつ病治療は、抗うつ薬に過剰に依存していると指摘されています。

大うつ病性障害の場合、SSRI(抗うつ薬)の投与は、18歳未満が禁忌、24歳未満は慎重投与とされています。

脳の発育の点でも抗うつ薬だけに頼るのは望ましくなく、磁気刺激治療も早期回復への手段として検討すべきだといえます。

 

日本では、磁気刺激治療がいまだ保険診療に含まれていないため、かかる費用は高額にならざるを得ません。 

しかし、受験生の将来を考えれば、早期の回復と合格が何よりも大切です。

磁気刺激治療を治療の選択肢の一つとして検討したいとお考えの場合は、当院に気軽にご相談ください。

 

磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース ⇒ クリック

  


「受験うつ」動画3分セミナー



成績が急降下する。

急に反抗的になり、暴言を吐く。

突如、学校に行かなくなる。

無気力になる。

これらは「受験うつ」かもしれません。

 

「受験うつ」とは、受験期に頻発するうつ症状をさすものです。

最近では「新型うつ」が受験生の間で急増しています。

親も本人もうつだと気づきにくく、対応が後手後手に回った結果、受験に失敗してしまうのです。

 

親にとってもっとも大切なのは、まず、「受験うつ」の徴候に気づいてあげることです。

 

本書では、受験専門の心療内科医の著者が、

「受験うつ」見極められるポイントをわかりやすく解説しています。

また、子どものストレスを取り除き、受験への意欲をよみがえらせるため、

親に行っていただきたいサポートのやり方についても、具体的に示しています。


院長が動画で回答!ご質問を募集!


以下をご了承の上で、ご質問をお送りください。

 

院長(吉田たかよし)による回答はYouTubeにアップし、こちらのページに掲載します。

・回答できるのは一部のご質問に限られ、回答できない場合もあります。

・ご覧になる多くの受験生やご家族の方に参考になるような一般的なご質問を歓迎します。

・医療法や医薬品医療機器法などを順守し、いただきた質問の一部にのみ、回答する場合があります。

・質問者の特定につながるような情報は、お答えする段階でこちらで削除します。

 ただ、ご質問の段階でも、できる限りこうした情報は記載しないようにお願いします。

 


メモ: * は入力必須項目です