受験勉強のスランプ

Academic Slump


(このページの要点)

・勉強のスランプは単なる不調ではなく、脳の働きに関して具体的な問題が隠れている場合が多いことが、スタンフォード大学などの研究で解明された!

 

・スランプの影に、大うつ病性障害や双極性障害など、「受験うつ」が隠れている場合も多い!

 

・スランプから「脳のSOSサイン」を読み取り、認知機能の検査結果と照らし合わせれば、早期に回復して合格を勝ち取れる!

 

・最新の受験に特化した光トポグラフィー検査(Optical Topography)を受ければ、スランプの本当の原因が脳のレベルで分析できる!

 

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


合格を阻むスランプの症状!


受験勉強を続けていると、多くの方に、スランプに陥る時期がやってきます。

 

スランプに陥ると、次のような症状が現れます。

 

 

【スランプの症状】

・それまで普通に解けていた問題が、急に解けなくなる・・・。

 

・一生懸命に教科書を読んでいるはずなのに、目が活字を追うだけで、頭な中には入ってこない・・・。

 

・せっかく暗記しても、次から次へと忘れてしまう・・・。

 

・なんだか、一日中、だるくて眠い・・・。

 

・大好きだった得意科目の勉強まで、嫌で嫌で仕方なくなってしまう・・・。

 

 

もちろん、このままでは成績が急落し、志望校への合格は叶いません。

 

 

正しい原因を探り、適切な対処をすることで、できるだけ早く回復させる必要があります。

 

回復が1日、遅れるごとに、ライバルとの学習量の格差は、容赦なく積み重なっていくのです。

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


解き明かされた「スランプ」の本当の原因!


 

こうしたスランプを、大半の受験生や塾の先生は、単なる不調だと思っているようです。

 

実際、私自身も、受験勉強を専門とする心療内科医になる前は、何の根拠もなしに、スランプとはそのようなものだと思っていました。

 

 

しかし、メンタル医学が発展しているアメリカを中心に、スランプのメカニズムに関して研究が進み、これまでの常識が誤りであることがわかってきました。

 

 

アメリカは日本と異なり、大学への入学は容易なのですが、ハーバード大学やスタンフォード大学など一流大学では、進級や卒業のためには、日本の受験勉強よりさらに過酷な勉強が求められます。

 

 

また、医師国家試験(USMLE)は、1度、合格すればいいだけの日本とは異なり、3つのステップをクリアーしなければ医師免許は手に入れられません。

 

 

 

こうした事情もあり、アメリカでは日本以上に スランプに悩む学生が多く、それに伴い、メンタル医学や脳医学の面から分析を試みる研究も、精力的に行われるようになったのです。

Academic Slump

 

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


「スランプ」は、脳医学的には単なる不調ではない!


 

メンタル医学の面からスランプを分析した研究によって、実はスランプの大半が、脳の働き方に関し、何らかの具体的な問題を抱えていることがわかってきました。

 

特に、何らかの脳機能に具体的な障害が生じ、そのため、働きが制限される結果、スランプ特有の症状が現れていたケースが多かったのです。

 

 

一方、単なる不調であれば、放置しておいても、やがて不調の時期は終わります。

 

もちろん、そのような場合もあるのですが、少なくとも、過酷な勉強を続けているアメリカの学生を分析した研究では、単なる不調だと済ませられるケースは、ごく一部に過ぎなかったのです。

 

 

日本の学生は、アメリカほど過酷な勉強を強いられているわけではないので、こうした研究結果をそのまま日本に当てはめることはできないでしょう。

 

しかし、こと受験生に限定すると、日本でもアメリカの学生と同じことが起こっていると考えるべきです。

 

 

 

 

 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


スランプは脳機能のリトマス試験紙!


 私は、アメリカの学生を対象にした研究結果をもとに、スランプを脳機能のリトマス試験紙とするよう提唱しています。

 

スランプは、実に不快で、実に困るもので、受験生にとっては、たまったものじゃない・・・。

 

でも、脳医学の面からアプローチを試みると、受験生にとって、有益な情報をつかみ取ることもできるのです。

 

 

スランプに陥った受験生には、受験に特化した光トポグラフィー検査を、積極的に受けていただいています。

 

その結果を精査すると、学習法や学習環境に具体的な問題が潜んでおり、改善を求めるために脳がSOSサインを発している場合がとても多いのです。

 

あるいは、うつ病や双極性障害といった病気を発病している場合もあります。

 

 

いずれにしても、放置しておくのは厳禁です。

脳の状態を正確に測定し、問題点に合わせて改善策を講じる必要があるわけです。

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


スランプの背後にひそむ「うつ症状」を見落とすな!


スランプに陥ったとして来院される受験生を診断した結果、「うつ症状」が見つかるケースも少なくありません。

 

 

「うつ病」を発症すると、脳機能が低下するため、まず応用問題が解けなくなります。

 

さらに、ケアレスミスが増え、模擬テストなどでも、成績が悪化します。

 

また、意欲が低下するため、机に向かっても、長時間、勉強することはできなくなるのです。

 

 

単なるスランプだと思っていた受験生に、「うつ病」であることを告げると、ほとんどの方は、驚くと同時に肩を落とします。

 

しかし、そんな場合に私は、むしろ志望校への合格が一気に近づいた朗報だと力説しています。

 

少なくとも受験の合否に関して、悲観すべき状況ではないのです。

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック

 

 


うつ病の受験生こそ、真っ先に合格できる!


「うつ病」であることが、どうして朗報なのか?

 

それは、適切な対処をすれば、「うつ病」は回復させることができるからです。

 

つまり、成績や意欲の低下の原因が「うつ病」であれば、医療的な措置によって試験の点数も回復させることができるということです。

 

 

よく考えてください。

 

単なる不調だったら、何が根本的な原因か不明確なので、回復の見込みも立ちません。

 

そんな漠然とした状態より、はっきりと原因がわかっている方が、はるかに合格に直結しているのです。

 

大切なのは、スランプの影に隠れた「うつ病」を、一刻も早く見つけ出すことです。

 

【解説】磁気刺激でスランプ脱出 ⇒クリック!

 

【解説】引きこもり不登校から東大合格!


「双極性障害Ⅱ型」も見逃してはいけないスランプの原因!


スランプの影に、「双極性障害Ⅱ型( bipolar II disorder)」という病気が潜んでいる場合もあります。

 

「双極性障害」とは、以前は「躁うつ病」と呼ばれていた病気で、正反対の躁状態とうつ状態を繰り返すのが特徴です。

 

その中で、躁状態がはっきりしているのが「双極性障害Ⅰ型( bipolar I disorder)」、躁状態がはっきりしていないのが「双極性障害Ⅱ型( bipolar II disorder)」です。

 

 

「双極性障害Ⅱ型( bipolar II disorder)」の場合は、本人はもとより、ご家族の方も気づきにくく、受験生が発病した場合は単なるスランプだと誤解されるケースが少なくありません。

 

 

問診していて多く見られるのは、軽い躁状態のときに、「勉強の調子がよくなった」、「自分の能力が開花した」、「受験勉強のコツがつかめた」と判断します。

 しかし、こうした状態は長く続かず、必ず、うつ状態に転換します。

 

そのときに、「極度のスランプに陥った」と、本人は感じるわけです。

 

 

「双極性障害Ⅱ型( bipolar II disorder)」についても、合格を勝ち取るには適切な治療が不可欠です。

一刻も早い正確な診断が求められます。

 


スランプから「脳のSOSサイン」を読み取ろう!


もちろん、受験勉強のスランプの原因が、すべてメンタル面の病気だというわけではありません。

 

ただし、その場合も、単なる不調だと決めつけてはいけないのです。

 

 

人間の脳は、ものすごく複雑な機能を担っていますが、突き詰めると有機化合物でできた装置です。

 

最近の脳機能に関する研究から、スランプという機能低下を起こす背景には、それぞれ具体的な問題点があるということがわかってきました。

 

 

逆にいえば、スランプという脳のSOSサインから問題点を読み取ることができれば、脳の機能を回復、あるいはさらに強化することにより、大幅な成績アップが望めるということです。

 

【解説】受験ストレスの心のゆがみ⇒クリック!

 


光トポグラフィー検査(Optical Topography)でスランプを分析!


 

当院では、何らかの病気が隠れていないことを確認した上で、学習環境や学習法にスランプの原因となる問題点はないか探ります。

 

そのために、最も重視しているのは、最新の「受験に特化した光トポグラフィー検査(Optical Topography)」です。

 

 

「光トポグラフィー検査」は、まったく副作用のない安全な赤外線を使い、脳のどの部分がどのように働いているか、詳しく検出できる画期的な検査です。

 

このデータを元に詳しくカウンセリングを行うと、必ず、問題点が浮き彫りになるものです。

 

 

塾の先生との相性が悪い・・・。

参考書がわかりにくい・・・。

志望校が自分に合っていない・・・。

 

脳は、深層心理の中で問題点を見つけると、行動を変容させるために、わざと意欲を低下させます。

 

つまり、この場合のスランプは、問題があることを本人の意識に伝えるためのSOSサインだといえるのです。

 

こうした勉強法の改善にも、脳の「受験に特化した光トポグラフィー検査」のデータは有益です。

 

 

合格をつかみ取るためには、改善策が早急に必要です。

 

脳が発するSOSサインを見落としてはいけません。

 

【解説】受験に特化した光トポグラフィー検査 ⇒クリック!

 


 【2018年】 本郷赤門前クリニックの実績  🌸東京大学、理科Ⅰ類(2人)、理科Ⅱ類、文科Ⅰ類、文科Ⅲ類、合格!!🌸京都大学、理学部、工学部、合格!🌸🌸🌸 🌸早稲田大学、基幹理工学部、商学部、合格!🌸🌸🌸 🌸慶応大学、理工学部、総合政策学部、合格!🌸🌸🌸 🌸医学部、東京都内、近畿地方など多数、合格!🌸🌸🌸 その他、歯学部、薬学部、マーチ、日東駒専、短大に多数、合格!