「受験うつ」(光文社新書)内容の一部をご紹介! 




 「受験うつ どう克服し、合格をつかむか」

光文社新書 

 

 紀伊國屋本店 ベストセラー達成!

 新書販売ランキング1位 

 

 

<目次>
第1章 増える受験うつ
第2章「受験うつ」のメカニズム
第3章 受験うつは答案用紙に表れる
第4章 間違いだらけの治療法
第5章 親のひと言が子どもを受験うつにする
第6章 うつにならない勉強法
第7章 親のコーチングで結果は出せる

 

<内容紹介>
未成年のうつ病、しかも、ストレスが増える受験期に突然発症する人が急増している。


子どもと大人では症状が大きく異なるため、親も受験生本人も発症に気が付かないケースが多いのが実情である。


中学受験ではもちろんのこと、高校受験や大学受験で頻発しており、受験生専門外来の私のクリニックにも、勉強が手につかなくなった多くの受験生が来院している。


受験期のうつで人生を狂わさないために、受験生本人が、家族ができることは何か?


また、脳機能から考えたストレス管理や効率の良い勉強法もまとめた、うつ病の有無を問わず受験を控えたすべての方に必見の書。

紀伊国屋新宿本店・週間ベストセラー

 

親も気づかない!

受験生本人も気づかない!

それが、「受験うつ」の本当の怖さです!

 

以下の6項目は、いずれも「受験うつ」にみられる症状です。

 

 

 

 

志望校への合格は、ただ、やみくもに勉強すればいいというわけではありません。

 

・メンタル面のコントロールをしっかり行うこと!

・脳機能にピッタリ合致した勉強法を行うこと!

 

この2つを実践することが合格への最短距離です!

 

そのための方法を徹底解説しています!


「受験うつ」(光文社新書)内容の一部をご紹介 


「受験うつ」(光文社新書)について特集をさせていただきました。

 

生放送でお話した内容について、要旨をご紹介します!

 

受かるためには、学力も必要だが、それ以上に大切なのがメンタル面のコントロールだ。

 

うつ病は無縁だと、本人も親も思っている。

でも、それは間違い。

 

何らかの形で受験うつの症状が出ている方は、受験生全体の6割から7割という調査結果が得られている。

 

 

病気としてのうつ病ではなくても、放置しておくと、本試験で実力が発揮できず、不合格になってしまう。・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


“受験うつ”とは、受験生の間で増加している“うつ病”や、メンタル面の不調が招く成績の低下などを指すものです。

「“受験うつ”なんて、うちの子には関係ない…」と感じた方も少なくないと思いますが、私は受験生を専門に扱う心療内科の医者として、こうした思い込みは完全に間違っていると声を大にして訴えたいです。

 

ぜひ、あなたのお子さんの言動をじっくり観察し、3ページに掲載した「受験うつチェックリスト」に該当する異変が起きていないのか、ご家族で診断してあげてください。・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!

・・・・A君は有名進学校の高校3年生で、医学部を志望しています。

受験勉強を本格的に始めるとイライラして焦燥感を募らせたり、ふさぎ込んだりするといったうつ症状が現れるようになりました。

 

また、集中力が持続できず、机に向かってもほんの10分ほどで内容が頭に入らなくなり、勉強を投げ出してしまいます。 ・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


・・・・そこで、親が「東大理三に行きたければ、可能な範囲で勉強しろ」と注意すると、H君は、とたんに声を荒げ、家庭内で暴れ出すそうです。

 

「それなら私立大学の医学部に志望を変えたらどうか」と親がアドバイスをすると、「馬鹿な奴らが行く大学なんて、俺はごめんだ!」と取り合ってくれません。

  

このように、根拠のない自己評価の高さと、自分だけは特別な扱いを受けて当然の存在なのだという特権意識は、受験うつに特徴的に見られる心理傾向です。・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


・・・・しかし、母親の言葉の一つ一つが子どもの自己愛をさらに膨らませ、受験うつの火種を大きくしているのも事実なのです。

 

実際、親子カウンセリングの時、母親の隣で話を聞いているお子さんの表情を注意深く観察していると、コミュニケーションが与える影響の大きさが垣間見えてきます。

 

母親が子どもの才能を誇張するたびに、子どもはどこか周囲を見下すような表情を浮かべ、ほんの少しではありますが、優越感に酔いしれている様子が見て取れるのです。・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


・・・・この章では、現在、受験うつに対して医療機関で一般的に行なわれている治療に関して問題点を指摘するとともに、

早期の回復と志望校への合格につながる新しい治療法についてご紹介します。

  

私は、受験うつに限らず、そもそも未成年の方のうつ病に対する現在の医療のあり方について大きな疑問を、日々感じています。

 

それは、私のクリニックで開設しているセカンドオピニオン外来でのことです。

 

未成年に対して抗うつ薬が安易に処方されており、

しかも効果が出ているか疑わしいにもかかわらず、長期に処方が続いている場合も少なくないという現状をまのあたりにしているのです。 ・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


・・・・受験経験者はどなたでも、次のような悪循環に一度や二度は陥ったことがあるはずです。

 

① 思ったような結果が出ない

→②不満と不安が広がる

→③ヤル気が出なくなる

→④さらに結果が出なくなる

→⑤もっと不満と不安が広がる

→⑥もっとヤル気が出なくなる→ 

 

このような負のスパイラルがどんどん進行し、底なし沼に沈み込むように勉強ができなくなっていくというのが、受験うつの典型的な経過です。 ・・・(続きを読む) ⇒ クリック!


・・・・受験に力を入れる裕福な家庭では、幼い頃からさまざまな習い事をさせているケースが多いようです。

 

これも受験うつの隠れた要因となっています。

 

現在の幼児教室は、子どもの機嫌を損なわないよう、とても大事に扱います。

 

その結果、あたかも子どもは王様、先生は召使といった関係が成り立ってしまうのです。

 

これが子どもの自己愛をさらに膨らませてしまって受験期のうつ病につながってしまいます。 ・・・(続きを読む) ⇒ クリック!


「子どもが“受験うつ”になってしまったのは、私のせいなんですね…」

私のクリニックに来院されたお母様の多くが、“受験うつ”の原因をお伝えすると、ガックリと肩を落とされます。

本書でご説明した通り、発病にお母様とのコミュニケーションが関与しているのは否定しようがない事実です。

 

ただし、密接な母子関係が全面的に良くないものだというわけではありません。

子どもの自己愛が膨らむのは問題ですが、同時に脳機能が刺激を受けるため、いわゆる頭の良い子に育ちます。

実際、私自身も大学入試のときに・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


・・・入試は真冬に行われるため、マスクをしたまま試験を受ける人もいます。

 

もちろん、カゼをひいていたら仕方ありませんが、予防のためだけなら、試験中はマスクを外したほうが、二酸化炭素の少ない空気を吸えるので思考力は高まります。

 

 

ローレンスバークレー研究所(米国)は・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


試験中に集中できないと、焦ってパニック状態に陥ります。

 

これを防ぐため絶大な効果を発揮してくれるのが、意外にも、試験が近づいてきたら自宅では勉強しないという習慣です。

 

 

自宅は脳にとっては・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


夜のニュース番組、入試の期間中はNG!

 

日々、報道されるニュースの大半は、人間社会の負の側面が生々しく露呈しているものです。

 

特にメンタル面でダメージを受けやすいのが夜です。

 

大脳辺縁系の機能が相対的に優位となるため、心が塞ぎ込んでしまいます。

 

また、睡眠の質も悪くなるので・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


受験うつの症状が現れている場合は、試験会場へはできる限り親が引率してあげるべきです。

 

どの電車に乗り、どの駅で降りるかは、脳が健やかな状態にあれば簡単なことですが、うつになると何気ない判断を下すことにも脳が疲労し、試験の問題を解く集中力が低下して・・・ (続きを読む) ⇒ クリック!


「受験うつ どう克服し、合格をつかむか」

光文社新書 

 

吉田たかよし 待望の新刊本!

12月16日、発売決定!

 

<目次>
第1章 増える受験うつ
第2章「受験うつ」のメカニズム
第3章 受験うつは答案用紙に表れる
第4章 間違いだらけの治療法
第5章 親のひと言が子どもを受験うつにする
第6章 うつにならない勉強法
第7章 親のコーチングで結果は出せる

 

<内容紹介>
未成年のうつ病、しかも、ストレスが増える受験期に突然発症する人が急増している。
子どもと大人では症状が大きく異なるため、親も受験生本人も発症に気が付かない
ケースが多いのが実情である。
中学受験ではもちろんのこと、高校受験や大学受験で頻発しており、受験生専門外来の
私のクリニックにも、勉強が手につかなくなった多くの受験生が来院している。
受験期のうつで人生を狂わさないために、受験生本人が、家族ができることは何か?
また、脳機能から考えたストレス管理や効率の良い勉強法もまとめた、
うつ病の有無を問わず受験を控えたすべての方に必見の書。