母親が生み出す受験うつ!

Maternal  Exam Depression


 

【このページの要点】

・母親が原因となる「母性の受験うつ」が急増している!

 

・母親がかけた言葉が、子どもの自己愛を膨らませてしまう!

 

・自己愛は、その場では心地よいが、やがてイライラが子どもの脳で暴走する!

 

・現実と虚像のはざまで「受験うつ」を発症し、合格できなくなる子どもが続出している!

 

・脳科学とメンタル医学の治療で早期に回復できるので、あきらめないでほしい!

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


親子カウンセリングで見えてくること


・・・・私は、受験生専門の心療内科クリニックで、日々、親子カウンセリングを行っています。

親子の関係をじっくり分析すると、母親に才能を誉められることによって、子どもが受験うつになっていくプロセスが、手に取るようにわかります。

 

母親は成績表を私に見せながら、「この子は小さい頃から国語の才能があり、こんな点数になるわけないんです」と涙ながらに訴えます。

 

 

確かに、多くの場合、受験うつを発症してから成績が低下しているのは事実です。

しかし、それ以前の成績を見ても、母親が言うほど良い点数でないケースが大半なのです。

 

 

 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


尊い母心。されど・・・


私がカウンセリングでそのことを指摘すると、

「この時期は、部活が忙しかったんです・・・」

「この時期は、家庭がゴタゴタしていたんです・・・」などと、

一つ一つ母親が理由を挙げます。

そうした突発的な事情がなければ、もっといい点数が取れていたはずだと、一生懸命、主張するのです。

 

 

もちろん、こうした母親を非難する気持ちは私には全くありません。

まちがいなく、我が子に対する深い愛情の結果です。

このような思いに至るということは、心を扱う医者として、よく理解しているつもりです。

 

 

しかし、こうした母親の言葉の一つ一つが、子どもの自己愛をさらに膨らませてしまいます。

それによって、子どもの脳の中で、「受験うつ」の火種を大きくしているのも事実なのです。

 

 

 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


自己愛で満たされる子どもの脳


 

親子カウンセリングでは、母親が話しているときも、隣で話を聞いているお子さんの表情を、注意深く観察するよう心がけています。

そうしていると、コミュニケーションが与える影響の大きさが垣間見えてくるのです。

 

母親が子どもの才能を誇張するたびに、子どもはどこか周囲を見下すような表情を浮かべます。

ほんの少しではありますが、優越感に酔いしれている様子が見て取れるのです。

 

その瞬間だけは、子どもの脳が自己愛が満たされ、なんとも心地よいのでしょう。

 

 

  東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


虚像と現実のはざまで苦しむ子どもの脳


しかし、見逃してはいけないのは、ストレスを感じている兆候も、同時に現れるということです。

子どもは貧乏ゆすりをしたり、爪や髪をいじったり・・・。

 

普通に考えれば、優越感に酔いしれているとき、このような仕草は行わないはずです。

 

 

それは、なぜなのでしょうか。

原因は、母親の言葉を通して、虚像に満ちた観念が強くなるからです。

 

 

 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


矛盾が脳に蓄積し、やがて「受験うつ」に


 

 

子どもの脳は、模擬テストで、とんでもなく良い点数を取るのが自分の本来あるべき状態なのに・・・という夢の世界が、あたかも現実であるかのような錯覚を持ってしまいます。

 

でも、突きつけられているのは、平凡な点数しか取れない・・・。

そんな現状を受け入れることができないので、苛立ちが高まるわけです。

 

このようにして受験うつの症状は、母親が子どもの才能を口にするたびに増幅されていきます。

そして、長い月日をかけ、ストレスと矛盾が脳内に蓄積されていくのです。

それが、ある日、成績の急降下・イライラの爆発・集中力の病的な低下といった「受験うつ」のマグマとして吹き出してしまうわけです。

 

 

 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


「受験うつ」が原因なら、成績は急回復させられる


ただし、この場合、お子さんの成績の悪化は、根本的に学力が低下したためではありません。

脳が機能不全を起こしているだけです。

 

ですから、脳科学とメンタル医学の力で、脳のコンディションを元に戻してあげれば、成績も急回復してくれるわけです。

 

「受験うつ」という検査結果をお伝えすると、受験生も母親も、がっくり肩を落とされます。

でも、私は、いつも、「良かったですね」と、声をかけます。

 

なぜなら、学力が低いのなら、短期間でも、どうしようもないことです。

でも、脳機能だったら、磁気刺激治療やCBT治療で、短期間でも急回復させることができるからです。・・・

  


【解説】親が生み出す受験ストレス!



【治療】受験ストレス”親子”カウンセリング


受験ストレスは、メンタル面の不安定さを親子で増幅し、不合格に至るケースが少なくなりません。

これを防ぐため、弊院の「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」では、親子カウンセリングを重視しています。

 

 磁気刺激治療(記憶力・思考力のアップ) ⇒ 受験生

 カウンセリング(受験向け・認知行動療法) ⇒ 親子

 

   「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」のご案内 ⇒ こちら!

 

 

 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック