磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース

Transcranial Magnetic Stimulation for Exam


【このページの要点!】

① 受験勉強の集中力・記憶力・ヤル気の低下は、精神論で解決できません。
②受験の脳機能に特化した専門の「磁気刺激治療」が合格への最短コースです!
③勉強の方法を変えるだけで脳機能を高められるのが「受験に特化したCBT治療」
④受験に特化した磁気刺激治療とCBT治療の組み合わせで志望校に合格しましょう!

「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」とは?


「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」とは、全国で始めて、本郷赤門前クリニックが受験生に特化した特別診療プログラムとして開設したものです。

 

突然、記憶力が低下した・・・。

勉強のヤル気がわいてこなくなった・・・。

イライラして勉強が進まない・・・。

優しかった子どもが急に暴言を吐くようになった・・・。

 

受験生にこのような異変が現れた場合、多くの親御様は、

「たるんでいる!」

「もっと気合を入れて頑張れ!」

「根性が足りないんだ!」

などと、精神論で解決しようとするかたが少なくありません。

 

しかし、多くの場合、受験うつなど「受験脳機能障害」により、脳の働きが悪化していることが原因です。

そのため、精神論を振りかざして頑張ろうとすると、症状が悪化し、逆効果になる危険性が高いのです。

 

こうした受験生の実情を踏まえ、本郷赤門前クリニックでは、共同でメンタル医学の研究を進めている提携クリニックとともに、脳機能そのものを治療することにより、志望校への合格を勝ち取る特別診療プログラムを開発しました。

それが、「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」なのです。

 

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」の概要


 

集中力・記憶力・思考力・勉強のヤル気・イライラ・・・。

これらは、脳内のニューロン(神経細胞)によるネットワークが生み出す現象です。

 

「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」は、ここに着目し、以下の2つの専門的な治療法を組み合わせることにより、志望校への合格を図ります。

 

① 受験の脳機能に特化した専門の「磁気刺激治療」

② 受験勉強の方法を変えることにより脳機能を高める「CBT治療」

 

つまり、

 

「受験専門・磁気刺激治療」+「受験に特化したCBT治療」=志望校への合格

 

これが弊院で提唱している「合格の方程式」です!

 

「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」は、短期間でも効果が出やすいという特徴があります。

志望校への合格をあきらめないでください!

 

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


「受験に特化した磁気刺激治療」とは?


 磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コースの2本柱の一つが「受験に特化した磁気刺激治療」です。

 

磁気刺激治療とは、頭の外から脳に磁気のパルスを当て、うつ病を治療する先進医療です。

早期に治療効果が現れるのが最大の特徴で、目立った副作用は、ほとんどありません。

米国では高い治療実績があがっており、画期的な最新治療として全米各地で急速に普及しています。

 

ただし、大うつ病性障害や双極性障害といった一般的なうつ症状には、既存の磁気刺激治療でも一定の治療効果が見込めるものの、受験生が合格を勝ち取るには、そのために特化した脳機能の改善が不可欠です

 

 

実際、既存の磁気刺激治療を受けた受験生が、

うつ症状は治ったものの試験の得点力は上がらず、結局、不合格になって、うつ病が再発した・・・。

そもそも模擬テストの点数も上がらないので、そのストレスで、ちっとも治らない・・・。

こうしたケースが多く見られます。

 

そこで弊院では、まず、以下の検査を行い、それに合致した磁気刺激治療を行っています。

 

勉強中の脳の活動を測定し、なぜヤル気が起きないのか、なぜ記憶できないのか、問題点を画面に可視化する。

模擬テストの解答と光トポグラフィー検査のデータを脳科学とメンタル医学で分析し、得点アップのために必要な脳の改善点を究明する。

試験を解いている最中の集中力を1ミリ秒(千分の1秒)単位で測定し、得点アップの鍵を握る脳のエリアを特定する。

 

以上の分析結果をもとに、一般的な磁気刺激治療ではできなかった、志望校への合格を勝ち取る治療へと進化を図るのことができました。

これが、「受験に特化した磁気刺激治療」なのです。

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


「受験勉強のCBT治療」とは?


「受験に特化した磁気刺激治療」と並んで、磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コースのもう一つの柱が、「受験勉強のCBT治療」です。

 

うつ症状の大半は、何らかの形で認知のゆがみが関与しているということが明らかになっています。

それを、カウンセリングを通し、適正化することで症状を改善させるのがCBT治療です。

欧米では、うつ病などメンタル面の疾患に対する一般的な治療として行われています。

 

しかし、CBT治療の効果を上げるには、単にカウンセリングを受けていただくだけでなく、普段の日常生活の中で心理訓練を行う必要があります。

時間の限られた受験生が、のんびりとCBT治療を行っていたら、それこそ合格は勝ち取れません。

また、受験生の最大の関心事は入試なので、一般的なCBT治療では効果がかなり限定的なものになってしまうのが実情です。

 

そこで弊院では、受験勉強そのものでCBT治療を行うという、逆転の発想を取り入れました。

この場合は、受験勉強を行うことが治療になるわけですので、無駄になる時間はほぼ0です。

しかも、ご自分の脳機能に合致した方法で受験勉強を行うわけですから、むしろ、学び取れる学習量はアップするケースが大半です。

 

また、「受験勉強のCBT治療」を行えば、検査では見えてこなかった脳機能の新たな問題が浮き彫りになってくる場合も少なくありません。

こうした情報は、より精度の高い「受験に特化した磁気刺激治療」にダイレクトに役立てることができます。

 

「受験勉強のCBT治療」と「受験に特化した磁気刺激治療」を組み合わせるメリットは、ここにもあるわけです。

 

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


抗うつ薬に頼った治療からの脱却が合格をもたらす!


受験うつは、「非定型うつ」、あるいは「神経症性うつ」と呼ばれるタイプのうつ病が多いのが特徴です。

その場合、そもそも、SSRI(抗うつ薬)が効きにくいというのは、否定しがたい事実です。

 

また、大うつ病性障害の場合、SSRI(抗うつ薬)の投与は、18歳未満が禁忌、24歳未満は慎重投与とされています。

さらに、脳の発育の点でも抗うつ剤に頼り切るのは望ましくはありません。

詳しくは、こちらをご参照ください。

 

クリック ⇒ ◆「抗うつ薬は本当に効いているのか?」

 

また、抗うつ薬の種類によっては、学力が十分にあるのに副作用で不合格になる場合もあり、注意が必要です。

このため浪人が決定し、このような過ちは、もう二度と繰り返したくないと、悔し涙を流しながら弊院にご来院された受験生もいます。

詳しくは、こちらをご参照ください。

 

クリック ⇒ ◆「抗うつ薬の副作用で睡魔が襲う!」

 

以上のような弊害のない磁気刺激治療は、症状を早期に回復させる手段として検討すべき治療法だといえます。

受験生の将来を考えれば、早期の回復と合格が何よりも大切です。

磁気刺激治療を治療の選択肢の一つとして検討したいとお考えの場合は、当院に気軽にご相談ください。 

 

ご案内メールの請求 ⇒ クリック!

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


コースの概要( 受験に特化した磁気刺激治療 + CBT治療 )


1.ご病状の正確な把握と磁気刺激治療が有効なケースかどうかを判定するため、東京大阪にある提携クリニックにて光トポグラフィー検査を受けていただきます。

  

2.その結果を踏まえ、弊院で院長(吉田たかよし)が最優先で初診カウンセリングをいたします。

 検査データを元に、どのような磁気刺激治療が有効かを分析した上で、受験勉強に特化したCBT治療や脳機能やメンタル面の症状に合わせた勉強方法などもご指導します。

  

 関西方面の希望者には、遠隔カウンセリングを開始いたしました。

 遠隔カウンセリングとは、院長とクライアント様がお互いにスマホやパソコンで映像を見ながらカウンセリングを行うというものです。

 対象は、大阪市内の提携クリニックで光トポグラフィー検査をお受けになった方に限ります。

 もちろん、大阪で光トポグラフィー検査をお受けになった方も、対面カウンセリングをお選びいただけます。

 

3.磁気刺激治療が有効であった場合は、提携クリニックとご相談いただき、治療をお受けいただくかどうかをご検討ください。

 もちろん、この時点でお断りいただいても結構です。

 磁気刺激治療についても、東京大阪のいずれでも受けることができます。

 

4.磁気刺激治療の効果などを見極めながら、弊院で定期的にカウンセリングを行います。

 通常、再診カウンセリングについてはお断りする場合も多いのですが、磁気刺激治療をお受けになった方には、原則としてご希望がある限り、最優先で何度でもカウンセリングに応じます。

 通常は一ヶ月から二ヶ月に一度のペースでご来院されるケースが多いのですが、ご来院の頻度は自由です。

 

 再診カウンセリングについても、大阪で磁気刺激治療をお受けになった場合、遠隔カウンセリングをお選びいただくこともできます。

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック


ご案内メールの請求と受診のお申し込み


メモ: * は入力必須項目です

請求して2日が経過してもご案内メールが届かない場合は、恐縮ですが、下記のアドレスまでお知らせください。

info@akamon-clinic.com

【本郷赤門前クリニック お問い合わせ窓口】

(携帯電話の方は、パソコンからのメールを受信できる設定に切り替えておいてください。)

 

 【2018年】 本郷赤門前クリニックの実績  🌸東京大学、理科Ⅰ類(2人)、理科Ⅱ類、文科Ⅰ類、文科Ⅲ類、合格!!🌸京都大学、理学部、工学部、合格!🌸🌸🌸 🌸早稲田大学、基幹理工学部、商学部、合格!🌸🌸🌸 🌸慶応大学、理工学部、総合政策学部、合格!🌸🌸🌸 🌸医学部、東京都内、近畿地方など多数、合格!🌸🌸🌸 その他、歯学部、薬学部、マーチ、日東駒専、短大に多数、合格!