模擬テスト脳機能診断

模擬テストの答案用紙から認知の歪みを読み取ります!

受験生の脳機能が抱える問題点が浮き彫りになります!

 


模擬テスト脳機能診断」とは?


患者さんに絵を描いてもらい、それを分析することで、心理や脳機能の状態を評価する検査方法を描画法検査といいます。

しかし、受験生の脳機能の状態を検査するには、絵よりも、はるかに適切なものがあります。

それが、模擬テストの答案なのです。

 

受験うつ受験パニック受験不眠受験恐怖症・・・。

これらは、受験生に急増しているご病気ですが、こうした症状は例外なく模擬テストの答案用紙に現れます

 

脳機能に何らかのトラブルを抱えると、単に成績が悪くなるだけでなく、回答の仕方にも、独特なクセが現れます。

それを丁寧に読み取っていくことで、受験生の脳機能に何が起こっているのかが分かるのです。

 


「描画法検査」では、受験生の脳機能は読み取れない!


家・樹木・人物描写検査・・・。

バウム・テスト(Karl Koch)・・・。
円枠家族描画法・・・。
これらはすべて、何らかの形で被験者に絵を描いてもらい、心理状態や脳機能の評価を試みる描画法検査の一つです。
 
しかし、受験生に限ると、あまり効果的な検査方法だとはいえません。

受験で求められる脳機能が、絵を描くことに使われる脳機能と、大きな隔たりを持っているからです。

また、受験うつや受験パニックなど、受験生が陥る心身の不調の主な原因は、受験勉強に伴う脳機能のアンバランスな使用にあり、この部分に焦点を当てない限り、適切な診断はできません。

 

では、外部からは目に見えない受験生の脳機能を知るには、何を見ればいいのでしょうか。

それは、試験の答案だというのが、当院が至った結論です。

 

受験生にとって、模擬テストも真剣勝負の場です。

実力を出し切ろうと、極限状態まで脳機能を追い詰めようとします。

そんな状況だからこそ、普段は隠れて表に出てこない受験生の脳機能の特徴も、何らかの形で答案用紙に現れてくるのです。

それを医学的な観点から読み取るのが、模擬テスト脳機能診断なのです。

 


模擬テストに現れる認知の歪み!


ほとんどの場合、受験生本人は自覚していませんが、脳機能や心理状態にトラブルを抱えると、模擬テストの答案用紙に、何らかの変調が現れます。

 

たとえば、受験うつ病になると、症状が軽い場合でも、答案には独特のクセが現れます。

 

数学の記述問題では、たとえ正解にたどり着いていたとしても、注意深くチェックすると、一行ごとの論理の展開が、一気に飛躍したり、なかなか進まないなど、アンバランスになります。

 

もちろん、正解であれば、この程度では減点にはなりません。

だから、塾や予備校の先生も、注意することはないでしょう。

 

しかし、この状態を放置しておくと、受験うつ病が進行し、やがて正解に届かなくなります。

また、模擬テストであれば、なんとかなっても、よりプレッシャーのかかる本試験の場合は、認知のアンバランスがより大きくなり、得点能力を大幅に低下させる可能性もあります。

 

このように、それぞれの病状に伴って、独特の回答パターンが生じます。

模擬テストの答案用紙に現れる認知の歪みを、放置してはいけません。

 


答案用紙に現れる「脳のSOSサイン」!


模擬テストに現れる認知の歪みは、受験生の脳が発するSOSサインです。

合格をつかみとるためには、決して見落としてはいけません。

 

当院では、模擬テストの答案用紙を持参していただき、1問ごとに受験生から、どのようなことを考え、どのように感じながら答案を書き入れたのか、丁寧にヒアリングを行い、評価を進めていきます。

 

こうしたカウンセリングを行うと、脳機能や心理状態を正確に把握できる上に、より得点力の高い受験の方法を体得する効果も得られます。

本試験に強い受かる受験生へと脱皮できるのです。

 


「受験生に対するカウンセリング」、または「親子に対するカウンセリング」が基本ですが、

ご希望により「親のみのカウンセリング」も行っています。


 

 

予約の取り方 ⇒こちらから

 

お問い合わせ ⇒こちらから

 

セカンドオピニオン外来 ⇒こちらから