試験恐怖症 (Exam Phobia)


 

「試験恐怖症」は、一般的な恐怖症とは根本的に異なります!

親の心理が、子どもの症状を悪化させている場合もあります!

受験生特有の脳機能に迫れば、薬に頼らなくても治ります!

 


試験恐怖症 (Exam Phobia)は、誤解されている!


「試験場で頭が真っ白になり、問題が頭に入ってこなくなってしまった・・・」

「緊張のあまり、文字変な記号のように見えてきて、問題が解けなくなった・・・」

 

これらは、試験恐怖症(Exam Phobiaの典型的な症状です。

毎年、多くの受験生が、本試験で実力を発揮できず、悔し涙を流しています。

 

私は、試験恐怖症だとされる数多くの受験生に対して、カウンセリングを行ってきました。

その経験を通し、この症状への対処が、受験の合否はもちろんのこと、子どもの人生そのものにも、大きな影響を与えているという現実を数多く目の当たりにしています。

 

受験を専門に扱う心療内科医として、私が特に知っていただきたいのは、試験恐怖症のほとんどが、一般的な恐怖症とは、まったく異なる心理機構で生じているということです。

アメリカやイギリスで発表された最近の研究で明らかになってきました。



しかし、多くの医師や学習塾の先生が、このことを誤解し、他の恐怖症と同じように扱っています。

これが治療成績の向上を阻み、合格率の低下をもたらしています。

反省をこめて正直に言えば、私自身も、かつてはそうした一人でした。

 

残念ながら、多くの受験生に対して、今なお、適切な対処が行われておらず、何度も同じ過ちを繰り返してしまってきるのが実情です。

受験生の心に潜む試験恐怖症の本当の原因をえぐり出さない限り、根本的な解決にはなりません。


また、子どもを思う親心が、その意図とは正反対に、試験恐怖症の原因になっていることも、イギリスで行われた研究で解き明かされています。

どうすれば試験恐怖症を防げるのか、まずは、正しい知識を身につけていただきたいのです。

  


「試験恐怖症」は、一般的な恐怖症と何が異なるのか?


恐怖を感じる対象は多種多様で、恐怖症は500種類以上が知られています。

その中で多いのは以下の3つです。

3つ合わせて、三大恐怖症と呼ばれています。

 

高所恐怖症 (Acrophobia)

閉所恐怖症 (Claustrophobia)

社会恐怖症 (Social phobia) 

 

一般的には、恐怖症は幼少期に恐怖体験をしたことが原因であったり、あるいは、父親との関係でエディプス・コンプレックスが関わっているともいわれています。

 

しかし、試験恐怖症(Exam Phobia)に限って言えば、他の一般的な恐怖症と異なる特徴を持っているケースが、極めて多く認められます。

それは、恐怖症の症状が受験生のプライドを守るために利用されているということです。

 


受験生のプライドを守るのに利用されている症状!


身体に現れる症状

 ⇒ 頭痛・腹痛・吐き気・嘔吐・下痢・発汗・息切れ・震え・口の渇き・頻尿・動悸

 

脳機能に現れる症状

 ⇒ 集中力の低下・精神的圧迫・フラッシュバック・不眠または過眠・恐怖感情・自殺念慮

 

感情に現れる症状

 ⇒ 低い自己評価・絶望・無力感・失望感・欲求不満・怒り

 

試験に落ちるということは、単に志望校へ入学できないだけでなく、受験生にとってはプライドが傷つけられることでもあります。

 

しかし、試験の真っ最中に、頭が真っ白になるなど、試験恐怖症の症状が現れたらどうでしょう。

志望校には入れませんが、受験生のプライドは、ギリギリのところで維持されます。

落ちるのは、試験恐怖症が悪いのであって、受験生の本質的な能力が劣っていたからだと、自分を納得させられるからです。

 

ただし、誤解してほしくないのですが、受験生が意識的に恐怖症を装っていわけではありません。

受験生は、本人の意識の上では、プライドを守ることより、志望校に合格することを優先しています。

あくまでも、脳の扁桃体と呼ばれる部分が過剰に刺激を受け、無意識のうちに、症状を生み出すのです。

 

理解していただきやすいように、最も症例の多いプライドに絞って解説しましたが、試験恐怖症の場合は、この他にも、受験生に特徴的な何らかの心理機構が原因になっている場合が傑出して多いのです。

当院の症例では、「親からの評価を落としたくない」、「本当は医学部に行きたくない」、「東京の大学になじむのは心理的に負担だ」といった思いが原因となっているケースもありました。

 

こうした心理機構は、一般的な高所恐怖症や閉所恐怖症では、ほとんど見られません。

 


「試験恐怖症」の治療法!


まずは、試験恐怖症の病態生理を正しく分析することです。

当院の症例では、3割が通常の恐怖症に近く、7割受験生特有の心理機構に深く根ざしたものでした。

 

大雑把にいうと、通常の恐怖症に近い場合は、抗うつ薬抗不安薬が一定の効果を表す場合が多いといえます。

ただし、副作用により海馬の機能が抑制を受け、問題が解けなくなる場合があります。

これでは本末転倒ですので、服用には慎重な検討が必要です。

 

一方、心理機構に原因のあるケースでは、そもそも薬の効果はかなり限定的です。

また、たとえ投薬の効果があったとしても、それにより得点力がかえって低下する場合も多く、安易な薬への依存は得策とは言えません。

 

この場合は、自分の本当の心理機構真正面から向き合い、認知行動療法を行うことで、多少、時間はかかりますが、ほとんどの場合、改善がみられています。

また、試験に対する不安は完全には除去できない場合でも、危機感をポジティブな原動力に変えることにより、結果として試験の得点能力は高まります。

そのために、逆説的ですが、恐怖心をわざと心に想起させる訓練などが、大きな成果をあげています。

 


「試験恐怖症」を早期に克服する治療法!


受験の日程は、まったなしです。

受験生のコンディションに合わせて、日程が変わるということはありません。

そのため、「試験恐怖症」についても、早期に克服しなければならないケースもあります。

この場合は、磁気刺激治療と認知行動療法を組み合わせた治療方法をおすすめしています。

 

「試験恐怖症」のそれぞれの症状は、脳の奥深くにある扁桃体と呼ばれる部分が過剰に刺激を受け、暴走することにより起こります。

この部分は、大脳の中で、おでこのあたりにある左側の「背外側前頭前野」と拮抗関係にあり、片方が活発に働けば、もう片方が働かなくなる性質があります。

「試験恐怖症」になると、試験会場で頭が真っ白になるのも、「背外側前頭前野」が記憶を引き出す機能を担っており、この部分が障害を受けるために起こるのです。

 

逆に言えば、「背外側前頭前野」を活発に働かせれば、記憶が効率よく引き出せるので、頭が真っ白になることはありません。

さらに、これにより扁桃体の暴走も収まるので、「試験恐怖症」を根本的に治療することが可能なのです。

これを、磁気のパルスの力で安全に行うのが「磁気刺激療法」です。

 

弊院の実績では、「磁気刺激療法」と「認知行動療法」を併用して実施した場合、従来の方法と比較して、治療に要する期間をおよそ1/20に短縮できています。

最も短期間で治療できたケースでは、14日間でした。

お急ぎの場合は、こちらの治療法もご検討ください。

 

磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース ⇒ クリック!

 

 


 

 

予約の取り方 ⇒こちらから

 

お問い合わせ ⇒こちらから

 

セカンドオピニオン外来 ⇒こちらから